バレットジャーナル

何でも使える〇〇リスト!

皆さんはノートに〇〇リストのページ作っていますか?

好きなもの、やりたいこと、叶えたい夢、読みたい本、読んだ本、観たい映画、苦手なこと…何でもリスト化することができます

リスト化すると起こるメリットがとっても凄いんですよ。
実際にリスト化して私自身、実感しています。

リストとして書き出すことのメリット

  • 自分ですら気付きにくい本音を見つけられる
  • 忘れないように書き出しておける
  • 次にすべきことが迷わなくなる
  • 今後の予定が立てやすい
  • ぶれない軸を見つけられる

1つでも気になるメリットがあった方はぜひなんでもリスト化してみてください。

更に夢を加速するためのヒントは、リストのページに理想のビジョン(憧れの写真やなりたい画像、好きなイラストなど)を貼っておくことです。

〇〇リスト

  • やりたいことリスト

やりたいことを書き留めておきます。意外と…出てこないんです。
ゆっくりじっくり焦らず書き出していきましょう。

  • やめたいことリスト

ダラダラしてしまう、無駄遣いが多い…etc.やめたいことって分かっていても、気付いたときには忘れてしまっています。何度でも見返して気を引き締めましょう。

  • 欲しいものリスト

欲しいものを全部書き出してみましょう。

すぐ手に入るものから、高くて中々手が出せないものまで。凄いことに意識が自然とそこに向いていき、気付けば手に入っているんです。

  • 断捨離リスト

一年に一度は行いたい断捨離。普段の生活の中で断捨離したい部分をリストとして書き留めておきましょう。
捨てるおすすめの基準は、過去一年間で一度も使わなかったものです。

  • 読書リスト

本のイラストの付箋を書い、付箋にタイトルと著書を書いてノートに貼っています。
ページの開いた部分には感想を書いています。
読みたい本リストとして使うのも◎

  • 映画リスト

インターネットでジャケットを保存して印刷し、一言の感想と共にノートに貼っています。
ジャケットを貼ることによって内容が思い出しやすいんです。
(印刷に使うアプリはiPhoneの場合÷フォトがおすすめ!)

  • ストレス発散リスト

ストレスが溜まって来たと感じた時に発散するためのリストです。
私の場合はジムに行く、一人カラオケに行く、カフェに行く…etcです。

  • 疲れている時の休息リスト

これがもの凄くお気に入りのリストです。
普段試してみて効果があったものだけ厳選してリスト化しています。
蒸気アイマスク、整体・マッサージ、足に貼る休息シートが特におすすめです。

  • 好きなもの・嫌いなものリスト

このリストは自己理解を一気に深めることができます。
好きなものと嫌いなものを思いつく限り書き出すのですが、ここで重要なのがひとつずつ何故好きなのか?嫌いなのか?理由も書いていくことです。

  • Todoリスト

やることをリストにまとめると、し忘れを防げますし段取りも立てやすいのでおすすめです。
仕事だけではなくプライベートやお出かけの時にも活用できますよ。

  • 買い物リスト

小さい頃におつかいなどで買い物リスト、使いませんでしたか?
実は書い忘れを防ぐとともに、無駄な買い物をすることも防げる万能アイテムなんですよ。
リストは自分だけのコレクションです。

好きなものをリスト化して、好きに書いちゃいましょう。

他にもリストとしてコレクションしたいものや、記録しておきたいこと、更にはランキング形式にしてみるのも◎

リストを活用して、毎日をハッピーに充実させましょう。

個人的なおすすめリスト

休息リスト

今日は特に疲れた!帰ってすぐに布団に入りたい!という日にノートを開いて休息リストを見て、今日は帰りに「蒸気のアイマスク」を買って帰ろう…!と心も体も休めるための準備が迷わずに行動出来ます。

ao
ao
私は直ぐ忘れるのでiPhoneで退勤時間に蒸気のアイマスクとアラームを設定します)

ただ寝るよりも、より疲れが取れるのでおすすめです。

かなり疲れてる時は蒸気のアイマスク×休息シート×ゆず生姜湯、というトリプルコンボで使用することが多いです。(笑)

リストとしてただ書き出すのではなく、かわいい付箋を使ったり、簡単なイラストを書いたり、シールでデコレーションすると、見直すのも楽しくなりますよ。

ABOUT ME
ao
普段は音楽をしています。女の子として最大限に生きることが目標。 毎日の生活、化粧、美容、ファッション、ダイエット、料理、家事、趣味、勉強…etc。誰かにとって勇気やパワーを受け取ってもらえるコンテンツを目指して。最高の毎日を送るために奮闘しています。POTAL BLOG SITE「aoのハピハピえぶりでい!」